団体で利用する貸切夜行バスはオーダーメイドが可能| 貸切バスならまいばすぶっく-NEWS

貸切バスホーム > 安全・安心トピックス > ニュース > 団体で利用する貸切夜行バスはオーダーメイドが可能| 貸切バスならまいばすぶっく

団体で利用する貸切夜行バスはオーダーメイドが可能| 貸切バスならまいばすぶっく

ニュース

貸切夜行バス団体利用の流れ

貸切夜行バスは団体も気軽に利用でき、夜行バスというと、高速道路を夜通し走り日本全国に行けるイメージがありますよね。地方から都会に就職した人がお盆休みや年末年始の休みに帰省する時、新幹線や飛行機に比べて料金が割安なのがメリットです。夜間でも運転士が目的地まで運転をしてくれるため、乗客は安心して眠っていられます。

ですが、利用目的はこれだけではありません。団体が日帰り旅行や泊まりがけの旅行、会社の研修や社員旅行、イベント企画の食べ歩きツアー、またライブが行われる時には最寄り駅からライブ会場までのイベント送迎などにも利用されています。普段はあまり注目されませんが、災害があった場合、被災地に向かうボランティアのために運行される事もあります。

このように、貸切夜行バスはいろいろな目的で利用できます。団体といっても少人数から大人数までいろいろで、この場合はバス会社による違いもありますが、バスにも種類があるので人数に応じて種類を選べば、少人数から大人数の団体利用も可能となります。

バス会社によって対応できる種類も異なりますが、バス車両の品質は重要です。ツアー料金が安くても、エンジン音がうるさく有害な排気ガスを撒き散らして走るようなバスは、気持ちよく利用できません。古い車種はシートの座り心地が悪いなど、バスを決める時はできるだけ新しく、乗り心地がいい事も大切です。

例えば、新しいバスでも運転中に思わぬ事故に巻き込まれる可能性もあります。こういう時は、「自動ブレーキが搭載されているかどうか」「バックモニターやドライブレコーダーが装着されているかどうか」なども確認しておくと安心です。今はバス会社が決めるのではなく、利用者が目的に合わせてオーダーメイドできるようになっています。

オーダーメイドの貸切について

バス会社による違いはありますが、大抵の場合、貸切となると利用日数や時間、走行距離によって費用は変わってきます。プランがあり、その中から自分たちの目的に合わせて選部というのがオーダーメイドの特徴です。ただし、料金に含まれているものとオプションとして追加するもの、前払いと後払いなどの違いもあるので、ここは見積もりの時にきちんと確認しておきましょう。

ここで大体の流れを紹介します。団体貸切の場合はバスを丸ごと借りて旅行などに行きます。最初はいきなり申し込むのではなく、とりあえず人数や目的地、利用目的を伝えてどのくらいの費用になるか見積もりをしてもらいます。この時、見積もりに含まれる料金とそれ以外の料金があるのでこちらも確認しておきましょう。
見積もりで出されるのは、大抵の場合バス1台の貸切料、運転士の人件費、ガソリン代などです。ガイドを必要とするなら、ガイドはオプションとして追加するのが一般的です。中には、最初からガイド付きというプランもあるのでチェックしておきます。

バスを貸切でどこかに出かける場合、高速道路を利用する事もあれば、目的地にバスを停めておく時に駐車場代がかかる事もあります。これは利用者の負担となり、当日に支払うのが一般的ですから、幹事やまとめ役の人はこれを用意しておかないといけません。宿泊する場合は、運転士とガイドがいればガイドの宿泊料金も必要となってきます。バスを集合場所まで向かわせる時、ツアーが終わってバスの営業所まで戻る時の回送代、この時に有料道路を使うなら交通料金も負担します。

利用前に活用したい見積もり

団体での旅行に行く場合、それが日帰りでも宿泊付きでも現地に向かうまでにバスを利用すると便利です。貸切夜行バスは料金が安いから人気がありますし、団体での利用も可能だからおすすめです。同じ目的地でもバス会社によって料金やサービスは異なりますので、まずは見積もりをしてもらいましょう。

今はわざわざバス会社の窓口に出向かなくても、ネットや電話で見積ができます。ネット見積が可能なバス会社なら24時間受け付けているので、急ぐ時や昼間に時間が取れない人にも便利です。ただしここで注意しておきたいのが、ネット見積もりの場合、受付は24時間可能でもそれに対応するのは担当者がいますので、実際に条件などを見て見積もりを出し回答が来るのは営業日となっている事です。24時間可能というと回答もすぐにもらえるイメージですが、実際には営業日となる事を覚えておきましょう。

見積もりでは、バスの貸切にかかる費用や運転士への人件費、ガソリン代などが提示されます。距離が遠いほどガソリン代もかかりますので、費用は高くなっていきます。見積もりをしてもらい、その料金に納得できたら申し込みとなりますが、見積もりの時には当日にかかる料金は含まれていません。

見積もり以外の費用は別途知らせてくれるのが一般的ですが、当日の有料道路の通行料、駐車場代、宿泊伴う場合は運転士の宿泊代金と食事代などは当日運転士に渡しておかないといけません。旅行やイベントの企画をする時には、見積もりで出た費用以外に当日発生する費用も考えておきます。

利用前に活用したい見積もり

団体での旅行に行く場合、それが日帰りでも宿泊付きでも現地に向かうまでにバスを利用すると便利です。貸切夜行バスは料金が安いから人気がありますし、団体での利用も可能だからおすすめです。同じ目的地でもバス会社によって料金やサービスは異なりますので、まずは見積もりをしてもらいましょう。

今はわざわざバス会社の窓口に出向かなくても、ネットや電話で見積ができます。ネット見積が可能なバス会社なら24時間受け付けているので、急ぐ時や昼間に時間が取れない人にも便利です。ただしここで注意しておきたいのが、ネット見積もりの場合、受付は24時間可能でもそれに対応するのは担当者がいますので、実際に条件などを見て見積もりを出し回答が来るのは営業日となっている事です。24時間可能というと回答もすぐにもらえるイメージですが、実際には営業日となる事を覚えておきましょう。

見積もりでは、バスの貸切にかかる費用や運転士への人件費、ガソリン代などが提示されます。距離が遠いほどガソリン代もかかりますので、費用は高くなっていきます。見積もりをしてもらい、その料金に納得できたら申し込みとなりますが、見積もりの時には当日にかかる料金は含まれていません。

見積もり以外の費用は別途知らせてくれるのが一般的ですが、当日の有料道路の通行料、駐車場代、宿泊伴う場合は運転士の宿泊代金と食事代などは当日運転士に渡しておかないといけません。旅行やイベントの企画をする時には、見積もりで出た費用以外に当日発生する費用も考えておきます。

完全オーダーメイドのバス旅行をご提案!

安心安全の貸切バス・レンタルバスの『まいばすぶっく』なら、CD・DVD・ビンゴゲーム・テレビ・カラオケ・給湯器・冷蔵庫etc…移動を楽しい時間にしてくれるオプションが無料でご利用いただけます!

自分たちだけの貸切バスだから周りを気にせずに騒げちゃう!

また、 近畿地方(大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀)をはじめ、お客様のご出発地に合わせて全国の貸切バスを手配しております。

一覧に戻る