貸切バスの利用にあたり知っておきたい新運賃制度とは? | 貸切バスならまいばすぶっく-NEWS

貸切バスホーム > 安全・安心トピックス > ニュース > 貸切バスの利用にあたり知っておきたい新運賃制度とは? | 貸切バスならまいばすぶっく

貸切バスの利用にあたり知っておきたい新運賃制度とは? | 貸切バスならまいばすぶっく

ニュース

新運賃制度の導入

貸切バスに安全性を再確認する意味で、新運賃制度が導入されましたが、「改正前の運賃とどのように変わっているのか」「新運賃制度の導入でどのようなメリットがあるのか」などを紹介します。平成24年の高速バス事故は人々の記憶にも新しく、この時にバス会社全体のズサンな管理体制が浮き彫りになり世間を騒がせました。
これに伴い、国土交通省は貸切バスの運賃制度を料金制度の見直しを実施し、平成26年4月1日から新運賃制度が導入されています。

安全性を重視すると、バス会社の運営が厳しくなるという問題もあります。
ただ運賃を改正するのではなく、利用者が安心して利用できるようにバス会社が負担する経費についても考慮して、双方にとってメリットとなるような料金制度となっています。
新運賃制度は、時間制運賃とキロ制運賃の両方を合計して計算されています。これにより料金の上限と下限が設定され、バス会社はコストに合わせて指定された範囲内で適正料金を決めるように統一されています。
「料金が高すぎると利用者が減る」「料金が格安だと利用者は増えるが、運転士のシフトが過酷になる」という問題を改善する目的もあります。

バス会社は、旅行会社と提携してバスの運行をしますが、新運賃制度の導入により、バス会社・旅行会社・利用者がそれぞれに適正な利用や取引ができるのもメリットとなっています。利用者はできるだけ安い料金で、尚且つ安全に旅行がしたいと考えます。旅行会社はそれに応えるべく、希望を叶えてくれるバス会社を選びます。
バス会社は、コストを反映した料金を支払ってもらう事で利益を上げられますし、利用して満足できれば口コミなどで評判が広がり、集客にも役立つというサイクルになっています。

適正運賃について

貸切バスの新運賃制度では、「時間制運賃とキロ運賃」を合算して決めています。時間制運賃というのは、バスが出庫してから仕事を終え、再び営業所に戻り入庫するまでの時間と、出庫前の点検を1時間、入庫前の点検を1時間計2時間と、時間制運賃の最低保障3時間をプラスして、合計5時間がプラスされます。

キロ制運賃は、バスが出庫してから仕事を終え入庫する距離に、バス会社が届出をしたキロ制運賃をかけ合わせて計算します。バス会社、は運輸局が公示する運賃と料金の範囲内で適正価格を決め、それを届け出ます。公示される運賃や料金には、上限と下限が設定されていますので、設定よりも高すぎず低すぎないように決めます。一度届出をした料金以外でバスを運行すると、違反となり行政処分の対象となってしまいます。

新運賃制度では、割増料金についても決まりがあります。深夜から早朝にかけて運行する場合、22時から翌5時までの間は深夜早朝運行料金が別途必要となります。またバスにも種類がありますが、トイレやリフトがついている車両は、特殊車両となるので運賃の5割増以内であれば割増が認められます。

そして貸切バスで遠出をする時には、運転士の負担も大きくなるため交代運転士が必要となります。
この場合、交代運転者配置料金として、時間制運賃とキロ制運賃を計算して加算されます。
時間制運賃とキロ制運賃は1kmあたりの上限と下限が決まっており、さらに、大型バス・中型バス・マイクロバスによっても運賃が細かく決められています。

運賃制度の例をチェック

貸切バスの運賃の仕組みはなんとなく分かっても、実際にどのように計算されるのかはよく分からないものです。ここでは、実際の例を参考にして、新運賃制度について紹介します。
時間制運賃は、実際に運行する時間の前後1時間に「点呼・点検」等の為に時間を確保するように法律で定められております。
安全を確保する為にお客様のご利用は最低5時間(出庫前・帰庫後の点呼・点検2時間含む)が必要となります。

例えば、実際の運行時間が1時間の場合でも、法律上、運行時間3時間と同じ扱いとなり3時間分の時間運賃と「点呼・点検」の計2時間、合計5時間の時間制運賃が費用とかかります。

キロ制運賃は、バスの車庫からお客様の配車場所、配車場所から帰着地まで、帰着地から車庫までの距離で決まります。これが基本的な貸切バスの運賃です。

例えば、バスの車庫からお客様の配車場所までが20㎞、配車場所から帰着地までが150㎞、帰着地から車庫までが20㎞の場合、合計190㎞の走行距離がかかります。

貸切バスを利用する時に、バスの種類や時間、目的地までの距離は利用者によって異なります。
22時から翌5時までの深夜早朝運行料金、トイレ付きやリフト付きなどの特殊車両割増料金、長距離の場合や拘束時間が長い場合は運転士が2名となる場合があります。
その際には、交替運転者配置料金が必要となります。

例えば、日帰りで貸切バスを利用するとします。出庫前の点呼・点検を済ませ朝の8時にバスの車庫から出庫して、お客様の配車場所まで20kmの移動、そこから目的地まで40kmの移動があったとします。帰りも同じルートを走行し、バスの車庫に12時に戻ってくるとします。

この場合、走行時間が4時間、出庫と入庫前の点呼・点検が各1時間必要となりますので、合計で6時間となります。6時間の時間に各運輸局で定められている運賃をかけたものが時間性制運賃です。走行距離は80kmで、回送距離が40kmだった場合は、120kmのキロに各運輸局で定められているキロあたり運賃をかけたものがキロ制運賃となります。各運輸局で定められている、上限額と下限額の範囲内で運賃を算出致しますので、繁忙期の時期と閑散期の時期ではバスの料金が異なります。

完全オーダーメイドのバス旅行をご提案!

安心安全の貸切バス・レンタルバスの『まいばすぶっく』なら、CD・DVD・ビンゴゲーム・テレビ・カラオケ・給湯器・冷蔵庫etc…移動を楽しい時間にしてくれるオプションが無料でご利用いただけます!

自分たちだけの貸切バスだから周りを気にせずに騒げちゃう!

また、 近畿地方(大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀)をはじめ、お客様のご出発地に合わせて全国の貸切バスを手配しております。

一覧に戻る